お知らせ/矢板市社会福祉協議会

矢高生が福祉訪問に取組みました!

0

     平成29年12月4日(月)、小規模多機能型居宅介護こもれびとグループホームラパスに、福祉ふれあい訪問としてお伺いしました。

     

     

     はじめに、こもれび職員の方から小模多機能型居宅介護施設について説明を受けました。

     

     

     

     この取組みは、矢板高校が福祉のこころ推進校に認定されたのをきっかけに、毎年矢板市内の福祉施設を訪問し、クリスマスプレゼントとして、花やクリスマスツリーを届けています。

     

     

     施設の駐車場で矢板高校の生徒の皆さんでプランターへの移植作業です。

     

     

     あっという間にできあがり!

     

     

     

     

     つづいてクリスマスツリーを施設のご利用者と飾りつけました。

     

     施設の利用者の皆さまが楽しいクリスマスを過ごして頂ければ幸いです。

     

     福祉のこころ推進校矢板高校と社協の連携事業も、この福祉ふれあい訪問で今年も終わりとなりました。

     きずな館にて、1年間の活動の振返りを行いました!

     

     君島先生からも学生の皆さんへ一言頂きました!

     

     

     最後に、当協議会臼井事務局長から皆さんへ、福祉についてのまとめのお話しをさせて頂き、本日の活動は終わりとなります。

     

     

     矢板高校の学生の皆さま今年もご協力ありがとうございました。

    福祉教育担当:佐川・宍戸

    • 2017.12.05 Tuesday
    • -
    • 09:29
    • -
    • -