お知らせ/矢板市社会福祉協議会

第2期矢板市地域福祉計画・地域福祉活動計画を策定しました。

0

     矢板市では、地域福祉推進にあたっての基本的な考え方と具体的な取り組みを明らかにしていくものとして、平成30年度から平成34年度までの5年間を計画期間とする「第2期矢板市地域福祉計画・地域福祉活動計画」を策定しました。これまでの取り組みの成果、社会情勢の変化や市民ニーズの多様化などを踏まえ、第1期計画に引き続き、市の「地域福祉計画」と社会福祉協議会の「地域福祉活動計画」を一体的に策定したものです。

     この計画は、「ともに認め合い、支えあい いきいきと暮らせる 安心・安全なまちづくり」を基本理念として掲げています。市民のみなさん一人ひとりが主役となって、地域の各種団体、ボランティア、福祉サービス事業者、行政などが連携し、制度によるサービスだけではなく、地域での人と人とのつながりを大切にし、お互いに助けたり、助けられたりする関係を築きながら”共に生き、支えあう社会”の実現を目指します。

     

     計画は下記をクリックして頂きますと閲覧することができます。

     第2期矢板市地域福祉計画・地域福祉活動計画 [PDFファイル/6.15MB]

     

    第2期矢板市地域福祉計画・地域福祉活動計画

    本編

      はじめに

      目次

    第1章 計画の概要

      1.計画策定の背景

      2.地域福祉・地域福祉計画・地域福祉活動計画とは

      3.計画の位置づけ

      4.計画の策定体制

      5.計画の期間

      第1章

    第2章 矢板市の現状と課題

      1.統計から見る矢板市の現状

      2.アンケート調査結果に見る市民意識

      3.第1期計画の進捗状況

      4.矢板市の主な地域課題

      第2章

    第3章 計画の理念と目標  

      1.基本理念

        『ともに認め合い、支えあい いきいきと暮らせる 安心・安全なまちづくり』

      2.基本目標

      第3章

    第4章 基本目標の展開

      基本目標の展開

      基本目標1 認め合い、支えあいの地域をつくる

           (1)気軽にあいさつや声かけをします

           (2)ふれあいや助け合いの活動を促進します

           (3)気軽に交流できる居場所を地域につくります

           (4)健康でいきいき元気なまちをつくります

      基本目標2 困っている人を見逃さない体制をつくる

           (1)困っている人を見つけやすい体制をつくります

           (2)地域ぐるみで防犯活動を強化します

           (3)災害に対して安心できる体制をつくります

      基本目標3 地域の誰もが社会参加できる環境をつくる

           (1)情報が得やすく、相談しやすい体制をつくります

           (2)適切な福祉サービスを提供します

           (3)社会参加しやすい環境づくりを支援します

      基本目標4 地域福祉を推進するしくみをつくる

           (1)支えあう地域福祉を広めます

           (2)地域を支える人材を育てます

           (3)さまざまな団体の交流や連携を図るしくみをつくります

           (4)社会福祉協議会の活性化を図るしくみをつくります

      第4章 [PDFファイル/3.05MB]

    第5章 計画の推進と管理体制

      1.計画の推進体制

      2.計画の進捗を管理する体制

      第5章

    資料編

      1.第2期矢板市地域福祉計画策定委員会設置要綱

      2.第2期矢板市地域福祉活動計画策定委員会設置要綱

      3.第2期矢板市地域福祉計画及び矢板市地域福祉活動計画策定委員会委員名簿

      資料編

    • 2018.03.23 Friday
    • -
    • 14:08
    • -
    • -