お知らせ/矢板市社会福祉協議会

矢高生新入生が福祉講座を受講しました!

0

     平成30年6月5,6,8日に分けて、矢板高校新入生190名が当協議会の福祉のこころ育成講座を受講しました。

     この取り組みは、矢板高校が平成27年に福祉のこころ推進校に認定されたのをきっかけに、毎年新入生向けに福祉について知ってもらおうと出前講座を実施している取組みです。

     今年の福祉講座の取り組みは、「まちなかで見かけるロゴマークを考えよう!」です!

     

     みなさんは商業施設や公共施設で「おもいやり駐車スペース」のマークをみかけたことはありますか?

     高校生の皆さんに質問すると「知っている」という学生さんが大半でした!

     おもいやり駐車スペースは、車イスを利用している方等が安心して駐車場を利用できるよう設けられたスペースになります。

     

     福祉について学生同士意見を交わしながら、自分の考えを共有しながら学んでいただきました!

     

     矢板市社会福祉協議会では、福祉を育むまちづくりを目指して地域福祉活動に取組んでいます。

     出前講座を希望する学校さんがありましたら、ぜひ矢板市社協までご連絡下さい。

     

     

    • 2018.06.15 Friday
    • -
    • 14:55
    • -
    • -