お知らせ/矢板市社会福祉協議会

第2層協議体入門講座を開催しました。

0

     

     

     

    矢板市社会福祉協議会は、矢板市から生活支援体制整備事業の委託を受け、高齢者の方がいつまでも住み慣れた地域で元気に過ごすことができるよう、助け合い・支え合いのある地域づくりに取り組んでいます。
    ※この取り組みは、全国的に行われているものです。

     

    矢板市生活支援体制整備事業

    第2層協議体入門講座を7月20日(土)に開催し、17名の方に参加をいただきました。

     

    入門講座の内容は、下記のPDFをクリックしてご覧ください。

     

      PDF⇒⇒⇒PDF


    2生活支援体制整備事業〜矢板市の現状と取組みについて
    矢板市の高齢者の状況
    今後の課題
    地域包括ケアシステム
    矢板市の取組みについて
    今後について

     

    3助け合い・支え合いのある地域づくり〜第2層協議体の設置に向けた取組み
    なぜ助け合い・支え合いが必要なのか?
    第2層協議体とは何か?
    第2層協議体設置に向けたこれまでの取組みなど

     

    4ワークショップ「助け合い体験ゲーム」
    ご近所での助け合いをカードゲームで体験いただきました。
    自分が助けてほしいカードを選び、それを手伝ってくれる人を探していきます。「助けて」と声をあげることの難しさ、助け合うことについてゲームを通して考えていただきました。

    それぞれのグループから笑い声が聞こえて、とてもなごやかな良い雰囲気でした。

     

     

       矢板市社会福祉協議会生活支援コーディネーター川畑・只木・吉田
    電話44−3000 FAX 43−6661

    • 2019.08.30 Friday
    • -
    • 12:02
    • -
    • -